2017年06月22日更新
□ 47都道府県52新聞社のニュースと共同通信の内外ニュースを束ねた総合サイト。
□ 津々浦々に根を張る1万人のプロの記者が取材したディープでワイドな地域情報。
□ マクロからミクロまで、世界最速の日本語ニュース。
□ 歴史、人脈、路地裏まで知り尽くした地元紙が送る旅やグルメの深掘り情報。
ニュースリリース
2006.12.22
「47NEWS」が24日オープン 地図を使った初の本格ニュースサイト―全国52新聞社が連携、「いまの日本が見える」―


全国52新聞社が連携して内外のニュースを束ね「いまの日本」を一覧できる新しいポータルサイト「47NEWS(よんななニュース)」が24日、インターネット上に公開されます。

「47NEWS」は、ニュースを詳細な地図に埋め込んで閲覧できるようにした、初の本格ニュースサイトです。トップページ左上は、地図の上に全国の笑えるニュースやほのぼのとする話題を集めた「ホッとニュース」を配置。中央には、時々刻々の「主要ニュース」、右側の広告下では最新のニュース動画を見ることができます。

新サイトは、参加新聞社がそれぞれ展開する「地域ポータルサイト」との連携を深めるために、さまざまな工夫が凝らされています。右側の「言葉ランキング」のコーナーは、全国の参加新聞社から集めたニュースの内容を分析し、その日の注目されるキーワードを抽出、ニュースとニュースを互いに関連づけて見せる仕組みです。これにより、「いじめ」のように全国でいっせいに問題になったテーマを、一本の糸でつなげるように横断的に読むことができます。

広告の面では、一部参加新聞社と共通の広告を掲載する仕組みを持ち、広告媒体としても魅力あるサイトとなっています。

■「47NEWS」の特長■

全国52新聞社と(社)共同通信社の内外ニュースを束ね、「いまの日本が見える」
参加新聞社、合わせて約1万人のプロの記者が取材した信頼できる、最速のニュースを掲載
地図を動かしながら、全国のニュース・情報をアクティブに閲覧できる
お出掛け、グルメなど地域の香り豊かな生活情報
「スポーツ」…地域のスポーツ情報や、大リーグをはじめとする現場取材記者のコラムを満載
「動画」…ニュースの最前線や芸能情報、日本の四季が見える
「言葉ランキング」…全国の参加新聞社から関連ニュースを自動的に検索
「今日の撮れたて」…日本列島の「いま」を写真で見せる

「47NEWS」は今後、「安全安心ページ」などコンテンツをさらに豊富にそろえると同時に、ユーザーとの双方向性も重視するサイトに発展させていく予定です。

全国新聞ネットの林憲一郎社長は、サイトオープンに当たり「全国の新聞社が結束して『47NEWS』という一大ネットワークを構築したことで、地方新聞社の全国への情報発信機能は飛躍的に強化される。地域の経済、文化に貢献すると同時に、若者向けコンテンツの充実など、より楽しいサイトづくりを進めたい」と述べました。

【(株)全国新聞ネットの概要】

全国の新聞社47社が出資して2006年9月15日設立。資本金は7,050万円。本社は東京都千代田区内幸町。取締役会長は多田昭重(ただ・あきしげ)西日本新聞社社長、取締役社長は林憲一郎(はやし・けんいちろう=元社団法人共同通信社デジタル事業担当局長)。出資47社のほかに地方紙5社がコンテンツ提供などで事業に参加。

【出資新聞社47社】

北海道新聞社、室蘭民報社、河北新報社、東奥日報社、デーリー東北新聞社、秋田魁新報社、山形新聞社、岩手日報社、福島民報社、福島民友新聞社、下野新聞社、茨城新聞社、上毛新聞社、千葉日報社、神奈川新聞社、埼玉新聞社、山梨日日新聞社、信濃毎日新聞社、新潟日報社、中日新聞社、伊勢新聞社、静岡新聞社、岐阜新聞社、北日本新聞社、北國新聞社、福井新聞社、京都新聞社、神戸新聞社、山陽新聞社、中国新聞社、新日本海新聞社、山陰中央新報社、四国新聞社、愛媛新聞社、高知新聞社、西日本新聞社、大分合同新聞社、宮崎日日新聞社、長崎新聞社、佐賀新聞社、熊本日日新聞社、南日本新聞社、沖縄タイムス社、琉球新報社、産業経済新聞社、日本経済新聞社、ジャパンタイムズ

【コンテンツ提供などで参加する新聞社】

名古屋タイムズ社、中部経済新聞社、奈良新聞社、徳島新聞社、紀伊民報 ※9月7日の会社設立の記者発表後、紀伊民報が加わり、参加社は全部で52社となりました。

【この件に関するお問い合わせ】

(株)全国新聞ネット 取締役社長 林 憲一郎
電  話 :03-3572-1466
電子メール:hayashikenichiro@pnjp.jp

【写真説明】「24日公開予定の『47NEWS』トップページ(22日午前)」

上記写真のダウンロードはこちらから。(右クリックでファイルを保存してください)


■お問い合わせ